読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何が何でも投資

何が何でも投資

今日覚えたこと

15年近く昔の西暦1998年6月、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)の所掌していた事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るもののセクションを区分して、当時の総理府の外局のひとつ、のちに金融庁となる金融監督庁をつくりあげたのだ。
覚えておこう、外貨両替とは何か?海外への旅行とか外貨が手元になければいけない際に利用する商品。しかし日本円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する動きもある。注意しておかなければ為替手数料がFX会社と銀行で大きく異なることに気がつかない。
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を統合させて約2年前に発足した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)に改編。21世紀となった平成13年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。
格付け(信用格付け)の長所は、難しい財務資料を読めなくても格付けされた金融機関の財務状況が判別できるところにある。ランキング表を使えば複数の金融機関を比較することも可能である。
今後、安定的であるうえに活力にも魅力がある新しい金融市場や取引のシステムを生み出すためには、どうしても民間金融機関や金融グループ、そして行政(政府)が双方の抱える問題を積極的に解決しなければならないのだ。
よく聞くコトバ、ロイズと言えばシティ(ロンドンの金融街)の世界中に知られた保険市場なのである。法の規定に基づき法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)およびシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合そのものを指す場合もある。
15年近く昔の西暦1998年6月、旧大蔵省銀行局や証券局等の所掌していた業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分を切り離して、旧総理府の外局のひとつ、新組織、金融監督庁をつくったという。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した平成12年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を統合したうえでこれまでの金融監督庁という組織を金融庁という新組織に改組した。翌年の平成13年1月、金融庁に業務の大半を引き継ぎ、金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。
今後、安定的というだけではなく活発なこれまでにない金融市場や取引のシステムを構築するには、民間企業である金融機関とともに行政(政府)が双方の解決するべき問題に積極的に取り組まなければいけません。
タンス預金やってるの?物価が上昇している(いわゆるインフレと呼ばれる)局面では、物価が上がれば上がるほどその価値が目減りするという仕組み。生活に必要とは言えない資金であるなら、安全で金利が付く商品に資金を移した方がよい。
よく聞くコトバ、外貨両替というのはたとえば海外旅行とか外貨を手元に置いておきたい、そんなときに利用するのだ。ここ数年、円に対して不安を感じているのか、現金で外貨を保有する動きもある。注意しておかなければ為替手数料がFX会社と銀行で大きく異なることに気がつかない。
覚えておこう、保険とは、突如発生する事故により生じた財産上の損失を最小限にするために、よく似た状態の複数の者が定められた保険料を出し合い、集まった積立金によって保険事故が発生した際に保険料に応じた保険金を給付する仕組みである。
【解説】バブル経済(日本では80年代から)の意味は不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産の市場価格が度を過ぎた投機により実経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指します。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)⇒公社債国債社債など)や短期金融資産で運用する投資信託である。注意すべきは取得後の定められた期間(30日未満)に解約の場合、手数料になんとペナルティ分も必要となることを知っておこう。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法により、保険を販売する会社は生命保険会社もしくは損害保険会社の2つに分かれ、いずれの場合も内閣総理大臣からの免許を受けた会社しか行えないということ。

広告を非表示にする